ごあいさつ

 昭和63年に尾田工業は設立され、今日に至るまで旭川を中心に道北・道東において解体工事を数多く施工させて頂きました。 当初はごくわずかな人数のみで興した会社でありましたが、現在では大規模な工事にも対応出来るよう、随時新型の重機を投入し大規模な現場へ対応出来るまでになりました。これも今までの弊社の実績を皆様に評価して頂いた結果だと自負しております。これからも決して慢心することなく安全な工事を心掛けることは勿論のこと、お客様のニーズにお答え出来るよう最新の技術と重機・機器をもって迅速かつ環境対策にも適応した工事に取り組んで参る所存でございます。また、昨今求められる厳しい現場環境のなかにおいても、徹底した分別解体・適切な産業廃棄物は勿論のこと、騒音・振動をはじめとする様々な環境問題や各種法対策にも随時対応して参ります。

 今後も地元経済活性化に微力ながら尽力させて頂く所存ですので、より一層のご愛顧賜ります様宜しくお願い申し上げます。

会社概要

会社商号 株式会社 尾田工業
代表者 代表取締役 髙橋 一利
所在地 北海道旭川市東光7条5丁目3番21号
TEL 0166-32-5675
FAX 0166-35-8135
設立 昭和59年4月
建築業法許可 北海道知事許可(般-27)上第 03476 号 とび・土工工事業
北海道知事許可(般-28)上第 03476 号 解体工事業
産業廃棄物
収集運搬業許可
北海道知事許可 第 00100083354 号
営業目的 総合解体工事業
資本金 20,000,000円
従業員 11名
解体業種 各種公共施設、ビル、ホテル、マンション、各種プラント、工場、橋梁、鉄塔、煙突

会社沿革

昭和59年4月 旭川市東光7条5丁目3番21号に於いて個人で創業を始める。
昭和63年4月 法人とし、有限会社尾田工業を設立する。
平成11年4月 株式会社尾田工業に組織変更する。

アクセス